稼ぐFX

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは?

様々な投資方法がある現在では、1つの手段としてドルコスト平均法と呼ばれる投資方法があります。この方法は一定の期間毎に一定額のドルを購入するという非常にシンプルな投資法になり、長期的な投資を行う方法でもあるので、他に何らかの投資を行っている方でも分散型として活用することは推奨できる方法です。具体的に言えば、毎月に5万円分のドルを購入すると、当然ながら円安や円高によって購入可能な額面は変動します。ドルが高い月には購入できる額面は下がり、逆に安い場合は沢山のドルを購入できるシステムです。最終的な目標は投資額に対してドル安となった際に日本円に戻す方法で利益を出すことができることになります。

ドルコスト平均法のメリット

相場が上昇・下降局面のどちらでも始められる | ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法には様々なメリットがありますが、相場の局面に関係なく上昇と下降のどちらでも始められる点もメリットの一つです。一括購入で利益を大きくするためには、底値での購入など相場動向を見極めなければなりません。しかしドルコスト平均法では、底値で買ったからといって運用成績が良くなるとは限らないのです。そのため一括購入のように相場動向に左右されることもなく、購入のタイミングに悩まなくてよいというメリットがあります。

高値掴みのリスクを抑えられる | ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法とは一定の金額で銘柄を購入する定額購入法となりますが、高値掴みのリスクを最小限に抑えることができるメリットがあります。具体的には毎月1万円ずつ1年間購入した場合、トータルすると買付単価を平均化することができます。金融商品は日々価格が変動しますが、価格が高騰している際購入すると高値掴みとなり、利益を上げることができません。ドルコスト平均法では、高い時は少なく安い時は多く買うことになるため、平均購入価格が低く抑えることができます。自動で購入できるため手間がかかりませんが、他にも平均化することができるため、価格変動に惑わされることなく長期投資を行うことができる等のメリットがあります。

相場の価格変動に一喜一憂せず長期的に投資を続けやすい | ドルコスト平均法のメリット

相場を予想して一度にまとまった額の投資をするのも良いですが、もし読みが外れてしまった場合には価格の変動によって一喜一憂しやすくなる可能性があります。それでは価格が下落したときに、心理的に消耗してしまう可能性があるでしょう。その点細かな価格変動を気にすることなく長期的な投資をするのに向いているのが、ドルコスト平均法です。一定金額分を分散して購入するため購入金額が平均的になるというメリットがあります。

まとまった資金がなくても始められる | ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法というのは、価格変動に関わらずある投資対象を一定期間に一定金額ずつ購入していく方法のことです。そのため、ドルコスト平均法で投資を行えば、まとまった資金を用意する必要がありません。たとえば、100万円の投資を一度に購入する方法で行おうとすると、当然最初の地点で100万円用意しなければなりません。一方で、ドルコスト平均法であれば10万円ずつ10回購入や1万円ずつ100回購入というように、自分の懐事情に合ったペースで投資を行えます。

自動で購入できるので手間がかからない | ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法は一定期間ごとに一定金額を投資していく手法なので、自動で定期購入を行うようにしておくのがおすすめです。証券会社にはそういった自動購入のサービスが豊富に揃っているので、最初に商品を選択して設定しておけば後は何もする必要がありません。手動で行うこともできますが、自動で行った方が確実ですし、購入し忘れるといった心配もないので安心です。投資にあまり時間をかけたくないという人にも向いています。

ドルコスト平均法のデメリット・リスク

相場動向によってはマイナスとなる場合もある | ドルコスト平均法のデメリット・リスク

タイミングを分散することによって価格が下がった時には多く、上がった時には少なく購入できるドルコスト平均法ですが相場動向によってはマイナスになる場合もあるので注意が必要です。また最も良いのは価格が安いときに購入することなので、価格が上昇を続けるときには一括で購入する方が良い可能性があります。価格変動のリスクを抑えられるドルコスト平均法は長期的な投資に向きますが、短期的な投資には向かないことも知っておきたいところです。

大きな利益を狙うには不向き | ドルコスト平均法のデメリット・リスク

投資を行う場合に、リスクを分散させる代表的な方法として、ドルコスト平均法があります。 これは、長期間に渡り対象の投資を行い利益を追求する方法です。 しかし、大きな利益を得るのが目的ではなく、リスクをできるだけ少なくして長期間に渡って入金する事で、対象投資の金額が上がっても下がっても同一の金額を投資する事で、リスクを減らす手法になります。 ですので、デメリットとしてはドルコスト平均法をルール通り運用していくと大きな利益がでませんので、工夫が必要になります。

手数料がかかる | ドルコスト平均法のデメリット・リスク

一定期間に一定の金額ずつ購入を続けるドルコスト平均法は、長期的な投資に向いているとされます。 しかし、購入の回数が増えて手数料が余計にかかってしまうようなデメリットがあるので、必ずしもお得というわけではないです。 保有に手数料がかかる投資商品の場合は、保有期間が長いほど手数料が大きくなりますから、そこが利益が減るリスクになるでしょう。 また絶対にプラス収支で安定するという保証もないので、相応のリスクがある投資、運用方法と捉えるのが妥当です。

短期投資には不向き | ドルコスト平均法のデメリット・リスク

ドルコスト平均法は短期間で効果が見えにくいといったデメリットがあり、ドルコスト平均法には購入時のタイミングが多数あって価格の変動が大きくても購入単価は平均化してしまうため、短期間で資産を大きく増やしたい短期投資には不向きといえます。さらに手数料がかかるケースがある点もデメリットで、ドルコスト平均法の預入回数は6回となっており、外貨預金は異なりますが株式などで購入のたびに一定額の手数料がかかる場合だと6倍もの手数料がかかってしまうので、手数料体系は事前に確認しておくことが大切になります。

ドルコスト平均法を活用した投資

分散投資を行う | ドルコスト平均法を活用した投資

リスクを抑えて投資をしたい場合に向いていると考えられるのが購入時期を分けるドルコスト平均法を用いた投資ですが、さらに投資対象も分散させることをお勧めします。1つの資産に集中させることなく分散投資をすることで、起こりうる危険を出来るだけ減らせるようになるでしょう。購入する銘柄や資産を分散させることで万が一1つの投資対象が大きく値を下げたときにも、安定させながら資産運用を続けることが出来る可能性がたかまります。

定期的に運用状況を確認する | ドルコスト平均法を活用した投資

ドルコスト平均法は高値掴みを避けられるというメリットがあります。ドルコスト平均法を用いて、長期で積み立て投資を行う場合は、設定が済んだら後は放置しておいても問題はありません。ただし、株価や世の中の流れが大きく変わることもありますので、定期的に運用状況をチェックする習慣をつけておいた方がよいでしょう。運用状況次第では、積立額や投資銘柄の見直しなども必要です。ほったらかしにせずに、しっかりと管理を行って資産を築いていきましょう。